相場価格は

青い空に引き立つ白い外壁

不動産の平均的な価格はどのように査定で決められているか

不動産の売却を考えた時、先ず不動産会社に相談します。 一戸建ての場合は土地と建物が査定対象ですが立地、築年数によって当然違ってきます。 不動産鑑定士が所有売却対象となる不動産のエリアの直近の売買価格を調べて坪単価を弾き出し不動産登記簿謄本から所有面積から土地価格を簡略方で査定して出します。 私の場合は築年数20年で25万円の坪単価で建物は200万円でした。 住宅ローンの返済が残っている場合は第一抵当権を有する銀行が実際の建物見聞に指定の不動産会社を紹介してくれ下見に来てくれます。 一戸建ての場合は居住年数が10年以上経過している場合の査定は殆ど資産価値を付けて来れません。 査定は建物の外見の破損状態よりも雨漏りの有無、床の軋みや傷み、ベランダの底の雨漏りによる破損が有るか無いか、トイレやキッチンの水回りの不具合等をチェックして行きます。

今後、自宅売却はこまめなメンテナンスが重要

不動産売却はなるべく高く売却して新しい住宅を購入する原資にしたいわけですからどんな事が起きるか分からないなかで売る事を前提に最初から住居は購入しないまでも査定が下がるような痛みや破損はこまめに修復して置く事が肝要です。 外壁塗装は13年から15年で塗り替えないと雨漏りや断熱効果や寒冷防止効果が薄れて来ます。 不動産の査定でもう一つ大事なことは既に購入前に良く考えて買う事です。 不動産の査定価格は需要に対してどれ位の価格で売れるかと言うことですから日常の生活や仕事買い物、主要駅に出るのに便利でバス停などの公共機関があればベストです。 家の前の道路が砂利であったり数軒の家のオーナーが私道を提供して道路使用している場合は査定がよくありません。 こう言った事は事前に知っておいたほうが良いでしょう。